かつて日本でもタガメを食べていた地域があると言われていますが、今では珍味扱いになっています。

一方、東南アジアを代表する、昆虫食の国であるタイでは、タガメはいろんな調理法で食べられています。

それほどまでにタイの人々を魅了してやまない、タガメの味について迫っていきます。

タガメ 栄養

吸って食するタガメ!食べて旨味を感じるの?香りは?

タガメは独特な狩りを行い、体外消化という方法で食事を行っています。

では、いったいどんな食味を感じるのでしょうか?

青臭いような、カメムシのようなニオイはしないのでしょうか?

食べて本当に栄養価はあるの?

はい、栄養に富んでいると言えます。

日常的に食されているタイでは、素揚げにしたり、蒸し焼きにしたり、焼いたりなどレパートリーもたくさんあります。

そんなタイでは、タガメを食べる際に、後ろ肢や腹部をむしりとり、中身を吸い出して食べることが多く見られます。

日本の光景にたとえるならば、カニ味噌を味わっているのと同じように食べています。

食した人の話によると、プルプルとした食感はないそうですが、筋のある肉質で、ささみに似ているそうです。

口に入れるとフルーティーな洋ナシに似た味わい、あるいは青りんごの爽やかな風味が広がると言われています。

スポンサードリンク

なんで栄養があるの?

それはタガメの食性が肉食のため、とても旨味があるからです。

実際にどんなものを食べているかと言えば、ドジョウやメダカをはじめとする魚類、カエル、サワガニ、他の水性昆虫は対象になります。

たまに、マムシ、カメなどの爬虫類、ネズミなどの小型の動物も食べます。

このようにいろんな生き物を食べて成長しますので、複雑な味わいになると推測されます。

日本でまだ多くの個体が存在した頃には、養殖のメダカや金魚などを食い荒らしていたそうです。

ちなみにタイでは、オスの方がメスよりも香り成分が強いため高値で取引されていますし、オスの方がよく売れています。

まとめ

タガメを食べて栄養を摂取することはできます。

それは、タガメ自身が大量の餌を捕食しているため、いろんな生き物のエッセンスを蓄えているからです。

もしタイ旅行に行く機会がありましたら、思い切ってタガメ料理に挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク